2017年4月17日 (月)

あの男が帰ってくる

春は出会いと別れの季節。夕方に電話がありました。

「ご無沙汰しております。実は、今度鞍馬口に戻ります」

と消息不明だった方から連絡がありました。戻ってくるのは構わないけれど、フットサルに参加しろとだけ伝えておきました。思わぬ方からの電話に驚くとともに、戻ってきた暁には、みっちりみんなで構ってあげようかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

バナナミルクジュース

用事があって、喫茶店に行ってきました。のどが渇いているというよりは、話す場所としての入店です。バナナミルクジュースを注文。とても多い量で、氷もしっかり入り、お腹が冷たくなりました。そして、そこから昼ごはんへ。冷えたお腹とバナナのボリューム感で、あまり食欲出ずでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

京都、ベストお花見スポット

水曜日の朝4時より、知る人ぞ知る、京都お花見スポットに行きます。京都検定、京都通のつわものでも、果たしてしっているかな?しかも、朝4時じゃないと見れないんですよー。わたくしのように、大して京都にあこがれを抱いているわけではないんですけれド、この時期、目を疑うような素晴らしい景色が見られるんですよ。仕事終えて、2時就寝、3時45分起床というタイトなスケジュールですが、まぁ楽しませて頂きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

鞍馬口にようこそ

4月1日になりました!1日になった瞬間、わたくしはじみーに皿を洗っていました。そして、片付けも終了、からのたまにはーどこかへ行って息抜きなんかいいんじゃない?という心つもりでしたが、雨は降っているし、非常に肌寒いため、家に直帰。からの、新じゃが新玉&こんにゃくとわずかな肉が家の冷蔵庫にあるため、こんな夜更けに肉じゃが作り始めました(肉じゃがを作ったのは、6,7年ぶりでございます)。

4月になって、何を申し上げたいかというと、ずばり「鞍馬口にようこそ」ということです。出会いと別れの季節であるこの春に、皆さん引越しで出ていき、あるいは、住みついていて、なんだか慌ただしい街の様子。その中で、暖かくなるとふわふわした浮ついた気持ちになりがちなのですが、坂東すみれさんのように「なんかなぁ」と言いながら新しい環境を楽しんでいただければと思います。

新生活で色々と慣れないことや不安に思うこともあるかと思いますが、ゴールデンウィークを過ぎると、五月病だって?仙豆と納豆を食べて、乗り切ってくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月30日 (木)

藤原食品カップ

4月2日(日)9時より、力の湯のセンターコートにて、藤原食品カップが開催されます。参加者は募り募って、皆さん沢山集まって頂けることになりました。豪華メンバーの中には、U12のクロアチア代表やルイコスタ、京都サンガ(ファン)のゴールキーパー、ダビッドシルバ、キャプテン翼の石崎君など、皆さんが驚くような方達ばかりです。土曜日の晩には、前夜祭と称して、京都駅付近でキックオフパーティーも開かれる模様。その前夜祭も非常に豪華な内容だそうで、キムチあり、チヂミあり、ナムルあり、と韓国テイストだそうです。FC納豆キャプテンのナットゥーゾは、今のサッカー界で話題に上っている「ポジションの定義」に自問自答し、「これまでの右サイドからキングスレーコマンのように攻め上がるプレースタイルを改め、左サイドよりアリエンロッベンのようにカットインしてゴールを狙う」と意気込んでおります。ということは、ロッベンのように頭を剃って現れるかもしれません。LIFEのクレオパトラの腕の見せどころ、ということになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

丹後の地酒と風俗と

掲題のイベントが無事に終わりました。ゲストのデビ○○は入念に準備を重ねて臨んで頂いたようで、感謝の気持ちでいっぱいでございます。聞いたことのない銘柄ばかり、誰一人として飲んだことのないお酒ばかりが並びました。色々なお酒 を頂くことで、丹後らしさというものが垣間見れたようです。ワイン酵母を用いたお酒を、デビ〇〇がナイアガラデキャンタージュしたものには、驚かされました。料理の内容は、ホタルイカと青柳うるい酢味噌、ひっさげと天然鰤の造り、白味噌仕立ての納豆汁、海老とうすいえんどう射込み豆腐、やりいかと菜の花の炊き合わせ、ハタハタと新じゃが芋の唐揚げ、ふきのとう味噌、丹後コシヒカリのご飯と山城鴨の鴨汁。改行できません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

全国納豆鑑評会@京都

この季節が今年もやって参りました。昨年の気仙沼に続いて、今年は京都で全国納豆鑑評会が開かれます。YK35を駆使して、最優秀賞に輝けるか、楽しみでございます。なお、当日の模様は、金曜日放送の京BIZでも取り上げられるそうですので、こちらは録画必須ですね。FC納豆からは2名参加しますので、こちらの絡みもまた要チェックです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月20日 (月)

ストップ

先日フットサルの試合の際、ドリブル中に二度もこけました。こけた理由が、ストップする力が足りなかったことです。キープするためのドリブル、味方の上がりを待つドリブルよりも、一対一で仕掛けるドリブルの方が多いのですが、その際ドリブル方向を転換したり切り返したりするときに、軸足の左足で踏ん張り切れずに、ぐきっとこけてしまいます。原口のインタビューでも言っていたのですが、速く走るよりも、走ってからのしっかりストップすることの大切さを語っていました。踏ん張り切れずそのまま左足首まげて、軽い捻挫で、ダメージ大です。でも、ストップできないくらいの勢いでドリブルするのも、なかなかの武器になるのですが、踏ん張る力を蓄えたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

丹後の地酒と風俗と

日時:3月12日(日)18時より

会費:6500円

ムトーヨータドープロデュースのイベントが行われます。訳あって、丹後の王国より、酒匠(そういう資格があるそうです)デビ○○をお招きして、丹後の地酒と風俗の話を聞きながら食事をする会です。

京都の地酒というと、大作市長は京都市の地酒と限定しますが、京都府は日本海まで続いています。山田知事が海の京都を発信していますが、京都北部にはまだまだ私たちの知らない魅力的なお酒があるようです。

ゲストのデビ〇〇は、紆余曲折を経て丹後に流れ着き、丹後の地酒に開眼。京都市内でよく見かける丹後の地酒はありますが、全く知られていない地元消費のみのお酒もあるようで。きらりと光る個性的なお酒を造っている酒蔵たちと懇意にされているようです。

そんなデビ〇〇が風俗の話を絡めながら、当日は皆さまをおもてなしいたします。デビ○○もフットサルやっているそうですので、サッカー好きの方も要チェックですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 3日 (金)

アンセムの力

今からサッカーの試合だ、という訳ではないのですが、アンセムを聞くと、力が沸き起こってきます。精神的にも前向きに、心はうきうきしてきます。こんな寒い夜なのに、自転車漕いでどこかへ遊びに出かけようかな、という気持ちにまでさせてくれます。

最高のチームでも、チャンピオンでもありません。でも、高揚感のオーラを与えてくれるこの歌に、毎日聞き入ってしまいます。歌っている方たちの声も◎。もう少ししたら、聞く回数が増える季節になりますねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«チャンピオンズリーグのアンセム