« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月30日 (金)

生熟からの二度火入れ

生原酒で2年寝かせてからの2度火入れ、という商品を飲みました。以前より、硬い火入れのお酒を熟成させるには、味乗りの進行が速い生の状態で寝かせ、その後火入れしてはどうか、などと考えていたのですが、この商品はまさにその条件に合致するものでした。

1年ほど前から試飲していたのですが、狙い通り味が乗り、特に問題を感じませんでした。最近飲んでいて、ふと感じたのです。味は乗ってはいるものの、生熟特有のコクや甘味が後口に若干感じられ、食事しながらだとじゃまだなと。70度くらいまで上げても、それは消えず、気になり始めるとその点ばかりが気になってしまいます。その商品を造っている蔵の生熟のお酒は、そのコクや甘味が気になる邪魔だ、ということは全くないのですが、姿形を変えると気になってしまうのでした。

ではやはり、上槽してから2度火入れして、硬くともそのお酒が歳月を重ねることを気長に待つのが一番かと考えると、そうなのかもしれないなと思うのであります。

美味しいお酒を楽しむためには、時間か速熟効果が必要でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月22日 (木)

軸足が痛みます

練習したいがために、早起きして仕事を8割がた終わらせ,いざキックオフ!左足首をけがして11日目、だいぶましになってきた状態を確認するために、ボールと戯れました。軽く動くことは問題なさげですが、強くシュートを打ったり、ストップ&ダッシュをすると、まだ痛みますね。試合まで、あと3日、仙豆を食べるか、ベホマをかけてもらうか、悩みどころです。藤原なっとぅーぞとのサッカーテニスは負けてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月20日 (火)

まさかの再会

偶然の出来事が起こりました。あるショッピングモールに用事があり、ぶらぶらしていたら、声をかけられました。相手は、中学生の同級生、サッカー部で2トップを組んでいた相手です。こんなところで出会うとは思ってもいなかったので、驚きました。弟とも会いました、何十年ぶりでしょうか?弟の方など見ても、誰かは分かりませんでしたが、それは時間のなせる業でしょう。とりあえず、連絡先は交換し忘れましたが、次回会うときにフットサルする約束をとりつけました。懐かしい人たちに会うのは面白い、けどそれ以上に、一緒にフットサルやることが楽しみでなりません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月13日 (火)

マッチメイク+個人サル

先日の天気予報は雨、そして前日には曇りにかわりました。フットサル当日、曇りならば暑さにやられず体力の消耗が抑えられると思っていましたが、コートの温度は33度でした。マッチメイク+個人サルで、レベルはbeginnerとホームページに掲載してありましたが、まったくそんなことはありませんでした。あれがbeginnerなわけがありません。年齢層も20代が多く、いつも参加している上手な方もいまして、暑さも加わり、全身筋肉痛です。

途中、しんどすぎて、何度も膝をつきましたが、何とか無事に2時間を終えることができました。20代の体の切れや走力にはかないませんが、終わってみればまずまずの得点を重ねることができました。体で勝負するのではなく、ゴール前でのアイディアやシュートパターンの数で対抗するのが、30代の残された武器でしょうか。

足首もひねってしまいましたが、さっさと治して、また参加するぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月10日 (土)

絶対的貧困 相対的貧困

最近京都新聞にて,掲題に関する記事が連続して掲載されていました。絶対的貧困と相対的貧困の違い、そしてその二つを比較することによる人々の意見などが書かれていました。「経済的に苦しくても、携帯電話やパソコンを持っている、使っている」という趣旨で批判的な発言をする方が、わたしの周りにもいましたが、記事を読んでどうやら自分自身も誤解していたなと感じさせられました。

物事の価値や判断の基準など、これが正しいと思ってしまえばそれまでなのかもしれません。しかし、状況によってはそれらが変化して行くことも起こりえます。そうした時に、自分が正しいと信じたことも、正しいとは言えなくなるんだなぁということがあるのだと実感しました。

絶対的貧困、相対的貧困は生活に身近なことでありますし、この状況の推移を注意深く見ていかねばと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »