« アンセムの力 | トップページ | ストップ »

2017年2月16日 (木)

丹後の地酒と風俗と

日時:3月12日(日)18時より

会費:6500円

ムトーヨータドープロデュースのイベントが行われます。訳あって、丹後の王国より、酒匠(そういう資格があるそうです)デビ○○をお招きして、丹後の地酒と風俗の話を聞きながら食事をする会です。

京都の地酒というと、大作市長は京都市の地酒と限定しますが、京都府は日本海まで続いています。山田知事が海の京都を発信していますが、京都北部にはまだまだ私たちの知らない魅力的なお酒があるようです。

ゲストのデビ〇〇は、紆余曲折を経て丹後に流れ着き、丹後の地酒に開眼。京都市内でよく見かける丹後の地酒はありますが、全く知られていない地元消費のみのお酒もあるようで。きらりと光る個性的なお酒を造っている酒蔵たちと懇意にされているようです。

そんなデビ〇〇が風俗の話を絡めながら、当日は皆さまをおもてなしいたします。デビ○○もフットサルやっているそうですので、サッカー好きの方も要チェックですよ。

|

« アンセムの力 | トップページ | ストップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/512068/69620626

この記事へのトラックバック一覧です: 丹後の地酒と風俗と:

« アンセムの力 | トップページ | ストップ »