音楽

2014年6月18日 (水)

Bosnia

なんとなく、今聴くべき音楽。

The Cranberriesのアルバム 「To The Faithful Departed」のBosniaでしょう。スポーツと政治は、良し悪しは別にして、関わりがあります。ワールドカップのこの期間に、ドロレス・オリオーダンの思いがこもったこの曲が、感慨深く心にしみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 9日 (月)

少し前の話

少し前、あのcongiroのお友達が、酒と旅と○○を大いに語るため、わざわざ東京から来られました。果たしてどんな方かというと、、、

結局、酒も旅も大いに語らず

「初代モーニング娘のメンバーでは誰が好き?」

「ジョジョは第何部?」

「平家VS藤原家?」

「さかずきんちゃんはひおちんに勝てるか?」

「ジャンプでは男塾ですか?」

などなど、面白い質問攻めにあいました。そして、

「川本真琴のファンだが」

「昔はファンクラブにも入っていた」

と豪語されるのです。なので、色々と川本真琴の曲にかえて流して、この曲を当てて下さいとお願いしました。

「こ」

「これは」

「知らない」

「ここ鞍馬口は」

「川本真琴という点で」

「10年先を行っている」

と腰を抜かしていました。流行の最先端の街東京。そこから来た方がたまげるほど、鞍馬口は最先端を行っているのかもしれませんね。では股(流行のパクリですが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月27日 (日)

BANGLES 「DIFFERENT LIGHT」

最近、常に聞くのは川本真琴の「fish」です。

Dsc00101

日曜日の河原町は恐ろしく人が多かったです。河原町とは無縁のようなわたくしではございますが、マロニエをちらり、見事に閉まっていました、行くのが遅かったです。若者たちをかき分けてタワーレコードにて購入してきました。家にアルバムたくさんあるのにNIRVANAを爆音で試聴、やはり爆音で聞くと良いですねー。

何故このアルバムを買ったか。まぁ、日曜日の23時くらいと申し上げれば、お分かりかと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月27日 (木)

「願いがかわるまでに」川本真琴

同じ題名ですが、ついに聴きました。聴いていると、海や湖が思い起こされるような音楽です。海と言えば、わたくしにとって幼少の頃よく見た、北海道浦河の海。ですが、北海道の海は荒々しく、子どもながら怖かったです。大人になってからの海と言えば、やはり小田原でしょうか。小田原と言えば、わたくしと音楽の趣味が近い米山工場長。ずばり米山工場長に聞いて欲しい曲です。今度丹沢山号に乗るときは、川本真琴かけてくださいね!あと5回くらい聴いたら寝ます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「願いがかわるまでに」川本真琴

昨年の秋にリリースされた川本真琴の待望のニューアルバムが、遅ればせながら2014年に鞍馬口ん家に到着いたしました。今現在聞いているので、感想は申し上げられませんが、この2時台の静寂がかなり心地良いです。きむら呉服店でもかけてほしいですね。

Dsc09946cd

到着→すぐ荷物をほどく→CDケースから出す→聞く。という流れなのですが、CDケースがいい感じに引っかかって、開けられません。この間、約5分。少しでも早く聴きたいのに。この件、ネットでも少し話題になったそうです。でも、わたくし川本真琴ファンの作石としましては、、、まぁいいんじゃないの、謝らなくて。いい音楽を聴かすための、じらしテクニックだと解釈します。ファンも大人になったんですよ、90年代からすでに、2010年代ですからねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

6,7年前の贈り物 綾瀬はるか「飛行機雲」

6,7年前、実家の友達から送られてきた贈り物。綾瀬はるか「飛行機雲」のCD。音楽聞きまくっていたら、出てきました。紅白でも歌っていたので、久しぶりに聞いてみます。

Dsc00696

なかなか良かったです。俳優業で忙しいでしょうが、たまには歌ってください。

Dsc00697

実はこの歌、昔後輩たちの前で、カラオケにて披露したことも。男でも歌いやすいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月11日 (土)

古くて新しいもの ブラジルW杯テーマソングを選んでみる

サッカーチームにおいて、お金をかけて選手を補強することは、非常に大事なことだ。但し、その中にはチームとしてのアイデンティティーを指し示すことが必要で、その点を欠いてのただのお金での補強には、ファンとしても白けて応援する気も失せる。ボスマン判決以前には、魅力的で癖のあるチームが多かったことが、今では懐かしいものだ。ジーザスクライフの精神が脈打つアヤックスアムステルダム、ギールーが築き上げた低予算のオーゼール、緑色のユニフォームで不気味に躍動するパナシナイコス、などなど。

さて当時のチャンピオンズリーグの試合を見るにあたっては、やはりESPNの視聴が欠かせなかった。当時のテーマソングは誰が歌っていたのかは覚えていないが、メロディーは今でも脳裏に。かなり良かった、マッチしていた。

久しぶりに聞いたアルバム

NIRVANA 「FROM THE MUDDY BANKS OF THE WISHKAH」

Dsc00693

J 「Unstoppable Drive」

Dsc00694

どちらのアルバムも新しくリリースされたものではないが、決して古くはない。古いどころか、今聞いてもかなり新しく感じられる。

ブラジルW杯をテレビで見る時、テレビ局もテーマソングを考えるだろうが。きっと陳腐な応援ソング、励ましソング、自慰ソングかと。そんな曲、サッカーに合わない、聞き苦しい。選ぶとするならば、前者のクレジット4「Aneurysm」、後者のクレジット2「Super High」がサッカーの展開の速さと躍動感に呼応するかと。

何故音楽の話かと今更ながら。それは何年振りかくらいに紅白を見て。浜崎あゆみが演歌歌手に見えたこと。郷ひろみがジャケットぴらぴらしなかったこと。綾瀬はるかの涙が印象的だったこと。などありますが、とにかく知らん歌手と歌ばかり。知らんのは問題ないが、引き込まれる歌が少なかったこと。ただし、いきものがかりというグループはなかなか良かったですし、ゆずはごちそうさんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月26日 (火)

音楽の秋

秋、皆さんは紅葉に、読書に、恋愛に、食欲ですか?わたくしはもっぱら音楽です。物欲普段はあまりないのですが、現在川本真琴のニューアルバムが欲しいです。我慢中です。

「音楽は何でも聞きます」

という方にたまにお会いしますが、わたくしは何でも聞きません。好きな音楽しか聞きませんよー。最近のお気に入りは、この3つです。

Dsc00522

QUEENのSHEER HEART ATTACK というアルバムの曲、全部いいです。中でも  KILLER QUEENがいいですね。それと YESの ROUND ABOUT。何度聞いても飽きません。そして3つ目は、天国の恋の挿入歌、天国に行きたい、という曲です。ヘブンズドアーでもなくメイドインヘブンでもなくです。この曲の哀愁漂う感じが、昼ドラにマッチしすぎです。

リーガ山北の工場長の車の中で聞く、パープルヘイズが懐かしいです。イージーライダぁあ、イザベルぁぁぁ、と叫びたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)