新茶人伝説

2013年12月28日 (土)

新茶人伝説 第7章 忘年会

今年も残りあと僅か、贅沢に忘年会に行って参りました!

Dsc00631_2

 

Dsc00632

Dsc00633

Dsc00634

来季の名古屋グランパス、京都サンガ、浦和サンフレッズの展望を占いました。 「ずがびーん」の連続でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月19日 (木)

新茶人伝説 第6章

鞍楽の歳末がらがらくじが終了しました。毎年華々しくJTBの旅行やてっさセット、さぬきうどんせっと、鞍楽商品券など、お宝目白押しだそうです。わたくしはと言いますと、がらがらやると、ポケットティッシュしか当たったことがありません。運のない男です。

「ふっ」

「だったら」

「私の運でも」

「少し分けてあげても」

「よかろう」

「余花朗」

「苦しゅうない」

とあの伝説の茶人が、券を6枚分けてくれました。ついてる、のってる、いけてるの3てるに輝く茶人の運ということもあり、期待で胸が膨らみます。JTBの旅行券ならば、ザグレブかベオグラードでうなぎ料理を満喫。さぬきうどんセットなら、真冬の野外流しうどんパーティー。ポケットティッシュならば、全国高校駅伝の第2中継所の女子の一位の子にプレゼントしましょう。

では、行きます。

(ガラガラガラ)

(ころんころんころん)

こ、これは、、、

Dsc00612

 

今年も見事にポケットティッシュでした。茶人の運を借りても、ポケットティッシュでした。まぁ、サカタのゆでたまご用にも使えますしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月27日 (水)

新茶人伝説 第5章

ある晩のこと。世界で一枚しか存在しないと言われる伝説のプラチナチケットが、満を持して使用されました。このプラチナチケットは、1日のサンガプレーオフよりもプラチナです。

Dsc00519

「謙ちゃんセットで」

「お願いします」



Dsc00520
「けんちゃんらーめんは」

「志村けん」

「謙ちゃんセットは」

「わたくしめです」

Dsc00521

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月25日 (月)

新茶人伝説 第4章

京都は紅葉シーズンどすか。京都本で出かけるのもようごわすが、情報媒体に載りまへん紫明通りの銀杏や、賀茂街道のグラデーションなど、鞍馬口界隈も見どころ満載でごぜぇやす。

そんな紅葉一色の中、烏丸通りでは何やら不気味な宴が、、、

Dsc00502

光臨?降臨❓後輪?どなたですか?



Dsc00503
食品の表示に関して、何やら世間は騒めいております。ならば、ちょっと今風に。

・北海道産雲子

・鹿児島産黒毛和牛A5のタタキ

・広島産太刀魚焼霜の手まり寿司 鳴門の粗塩とともに

・淡路産活〆穴子の肝和え

・黒谷さんいしりで和えた柿の白和え

・日の菜桜漬けと刻み蕪の浅漬け

・ヤリイカと野菜(きぬさや、南瓜、小芋)の炊き合わせ 針金時人参を添えて

・無花果の柚子味噌がけ

・蕪と金時人参の紅白椀 結び三つ葉と針柚子の香りで

・朝引き京赤地鶏の粗挽肉と軸椎茸で作る蓮根饅頭

・海老と帆立の東寺揚げとワカサギの天ぷら

・広島の天然真鯛浜焼きで作る炊込みご飯と潮汁

・スミノのシュークリームわんこ蕎麦の勢いとともに

一応偽装箇所はありませんが、読むだけで疲れますね。残念ながら、指が臭くなるためにんにくはなしでございます。


Dsc00504
「茶人おめでとう!」

「年を重ねて」

「何か変化はありますか?」


Dsc00505
「脱皮して」


Dsc00506
「変態しました」


Dsc00507
「なわけないでしょ」

と言いながら、皆さんに振る舞い始めた模様です。

Dsc00508
「どーも、どーも」


Dsc00509
「どうも、どうも」


Dsc00510
「ドウモ、DOUGHも」

Dsc00511

「では」

「そろそろ」

「ACT3に変身しましょうか」

Dsc00512

「見事に鯛になってしまいました」

「茶人ACT3です」

Dsc00499

「射程距離は」

「サカタまでです」

Dsc00513

「ではこれから」

「頂いた謙ちゃんセットが」

Dsc00514
「本当に使えるかどうか」


Dsc00515

「検証の旅へ」

Dsc00516

忙しかった週末も、こうして幕を閉じていくのでございます。それではわたくしは、帰ってごちそうさんでも見ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月15日 (金)

新茶人伝説 第3章

某晩23時59分、何とか間に合いました!今から新たな伝説を拝見しに。

Dsc00461

Dsc00462


Dsc00463
途中、雨嵐に見つからないように、気を付けて。

Dsc00464


Dsc00465
「茶人さん」

「遅いですね」

「主役は遅れて」

「やってくると」

「おっしゃっていましたが」

「遅れすぎです」

「せっかく誕生日プレゼントに」

「スペシャルミルフィーユ」

「ご用意させて頂いているのに」

1時間ほど待ちましたが、今晩の主役は現れず。結局主役不在で、サカタの大将と三人で祝いました。

Dsc00466
「今晩の月も」

Dsc00467

「きっと茶人さんを」

Dsc00468
「祝福しているはず」

「荘厳な夜だなぁ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月28日 (月)

新茶人伝説 第2章

急に寒くなってきました。半袖半ズボンも、もう無理な季節になってきました。そんな中、新茶人伝説を目の当たりにして、心を熱くしてしまいました。

Dsc00407

Dsc00408

茶人のライバル登場?

Dsc00409

Dsc00410
「茶人には負けていられませんよ」

Dsc00411

Dsc00412
「主役は私茶人なのに」

「ポジション争いに負けました」

Dsc00413
「キャベツ」

「肉」

「海老」

「ホタテ」

「いか」

「ときて」

「にんにくなしか」

Dsc00414

「おにぎりも投入して」

「そばめしですか」


Dsc00417


Dsc00418
「吉田さんの古酒が合いますね」

Dsc00419

11月は、2回も伝説が生まれそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月17日 (火)

新茶人伝説 第1章 合同誕生日会

嵐の前の静けさではなく、もう店内雨嵐ですが、合同結婚式ならぬ、合同誕誕生日会が

開かれました。

Dsc00275

この方が本日の主役、ではありませぬ。

Dsc00276
主役へのプレゼントを、どういういきさつでかは分かりませんが、何故かつけてみることに。

Dsc00277


Dsc00278


Dsc00279


Dsc00280
今晩も絶好調のようです。

Dsc00281

おそがけには、くらもと君も参加。下にもやもや貯まったお酒もご持参です。

Dsc00282

合同誕生日会というめでたい席のため、以前から一度はやってみたかった料理を。
Dsc00274

でかい冬瓜丸ごとくりぬいて。その中にすっぽんと行きたいところですが、値がはるため。牛筋と昆布で引いた出汁に、これまた鰹出汁を合わせて作ったスープで食べるラーメンです。

Dsc00283

Dsc00284
本日の真の主役たちです。皆さんご機嫌さんで、この後サカタで2次回だそうです。うらやましいですが、私はまだまだまだまだ片付けやらなんやら仕事が残っていますので、また別の機会にて合流させて頂きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)